水素水

注目度急上昇↑
1日の生活の中でどのタイミングで飲むかとかによっても水素効果が違います。
体内に取り込める量により水素の還元効果も変わります。
健康効果を期待なら、溶存量の少ない間違った商品の選択は避けましょう。
名前は“水素水”でも、普通の水と変わらないものを飲んでいることになります。
充分な水素成分が体内に取り込めなければ何も起こりません。
このような不確定要因が多いので効果に対する疑問や批判の原因となっています。

驚異アンチエイジング効果
水素の効果は、学会発表はあっても一般的に医学として認められてません。
しかし、摂取を的確に行えば確かな効果があることは、多くの体験者が実証してます。
さらに、水素の臨床効果についての研究も始められています。
健康にいい、難病に効果がある水といわれてますから期待したいですね。

いつでも気軽に飲める
「アルミパウチに入った水素水」

各メーカーの水素水セールス文をそのまま掲載しています。

1位 天然地下水を使用した「クリスタル水素水」

詳細はコチラ>>

◆セールスポイント◆
今、注目の水素水、その中でも業界最高レベルの水素含有量を誇るのが「クリスタル水素水」です。
その含有量はなんと1.6ppm。

さらにその成分を逃さない為に4層構造のアルミパウチ容器を採用しています。

また、九州は熊本阿蘇外輪山の日本名水百選「白川水源」の湧き水を贅沢に使用!
まろやかで美味しいお水なので、リピート率は90%以上です!

◆ターゲットユーザー◆

【女性】
20代・30代・40代・50代・60代以上・

【男性】
30代・40代・50代・60代以上

【ユーザーの詳細】
・美容・健康に気を遣っている方。
・元気を取り戻したい方。

◆おススメできる提案◆
いいことだらけの水
・水だから続けやすい
・水だからカロリーゼロ
・水だから賢く経済的!

お酒の水割りやスキンケア、ヘアスプレーとしても使えます。

詳細はコチラ>>

2位 熊本県菊池の天然水「浸みわたる水素水」

詳細はコチラ>>

◆セールスポイント◆
日本名水百選である熊本県菊池の天然水に、水素をたっぷり溶け込ましたコクと深みのあるおいしい水素水です。
厳しい管理の元で生産された上質な水素水の魅力をぜひ広めて下さい。

高濃度水素:充填時1.57ppmは業界最高レベルで、大容量500mlです!
4層アルミパウチで成分が逃げにくいパッケージになっています。

発売150日で300,000本突破!となっており、多くの方に飲まれています。

◆ターゲットユーザー◆
メインターゲット:40代~50代女性 富裕層
サブターゲット:30~70代男女

◆おススメの理由◆
上場企業100%子会社なので決済トラブルの心配なしです。

詳細はコチラ>>

3位 水素たっぷりのおいしい水

詳細はコチラ>>

累計売り上げ本数、450万本を突破!
いまなら、1週間お試しセットがあります。

●業界トップクラスの濃度+還元力
→水素が入っていたらそれでいいという訳ではない。
濃度0.8~1.2ppmの含有水量、還元力-650MVは業界トップクラスを実現しております。

⇒質を重視の人から圧倒的な支持。

●お手頃価格
→数あるアルミパウチ入りの中でも圧倒的な安さ。
1袋500円前後の商品が多い中、破格の約214円の7本1500円のお試しセットをあります。

⇒ちょっとした両親や健康を気遣う人のプレゼントにも。

●飲みきりサイズ
→どんなに高い含有量でも開封後は、空気中に逃げて行ってしまいます。
できるだけ短い時間に飲みきって頂くことが大切になります。

500mlの商品が多い中で300mlがある訳は誰にも負担なく、一気に飲める量だからです。
飲み切りサイズがいいんです。

⇒女性男性問わず、年配者にもちょうど良い量です。

詳細はコチラ>>


サビない身体
2007年、日本医大の太田成男教授がアメリカの医学誌に人体へ「水素水」健康効果を発表。
全世界の耳目を集め、健康効果に関する論文は世界中で250を越えるまでになりました。
国内でもテレビや雑誌などメディアが特集を組むようになり、一気に「ブレイク」
二日酔い、シミ、シワなど肌の諸症状、疲労回復、歯周病、リウマチ、アレルギー、認知症、パーキンソン病、脳梗塞、心筋梗塞、不妊、そして癌……。
各大学・病院で行われている臨床結果やメーカの取り組みからも注目されています。

太田成男
日本医科大学大学院医学研究科加齢科学系専攻細胞生物学分野大学院教授。
1951年、福島県生まれ。
1974年、東京大学理学部化学科卒業。
1979年、東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。
スイス連邦バーゼル大学バイオセンター研究所研究員、自治医科大学講師、助教授を経て、1994年より現職。
放送大学講師、日本ミトコンドリア学会理事長、日本Cell Death学会理事長、分子状水素医学シンポジウム会長などを務める。
(このデータは「サビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか」の書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)