ウォーターサーバーは得?それとも損?

設置するメリット


1:家まで届けてくれる

水を買いに行く時間がない、子供が小さいと買物に重い荷物が持てない、お年寄りも持ち帰るのは大変です。

お水も業者が宅配してくれるので、重たい水を家まで持ち帰らなくて済みます。


2:すぐに冷たい水!熱い水!が飲める

1台で冷水と温水のどちらも供給できるのがウォーターサーバーの特徴です。

お湯(85~90度)がスグ出るから、赤ちゃんのミルク作りやコーヒー、お茶を入れるのに重宝します。


3:冷蔵庫に余裕ができる

ペットボトルのミネラルウォーターを飲むとすると、夏場は冷蔵庫が一杯になってしまいます。

ウォーターサーバーを設置すると、そのようなことを防ぐことができます。


4:災害に強い

災害のときには、水不足の備えにもなります。



設置するデメリット


1:水を交換するときが重い

約12リットルで1本なので重量があります。

そのボトルを、地面から1メートル程上の部分にセットしなければならないので力が要ります。


2:設置する場所の確保

縦と横が35センチずつのスペースが必要なので、狭い家では考えてしまいますね。

電源を常に入れておく必要があるため、コンセントが届く範囲で設置する必要があります。

コンセントを抜いてしまうと、水の品質が落ちてしまう可能性が高くなります。


3:音が気になる

フローリングの上に設置したり、家具や物と触れてしまう場所に設置すると、音がうるさいと感じることがあります

リターナブル型の場合、水の容器の中に空気が入るため、ポコポコという音がでます。

こういった空気の音は、消すことができません。


4:契約の問題

「月に2本以上買う必要がある」ノルマのような制約を採用している会社が多くあります。

必要以上人購入することになるのか?注意が必要ですね。



まとめ


得?それとも損?かは、普段の生活スタイルと照らし合わせてシミュレーションしてみる事が大切です。



スポンサードリンク